新着情報

RSS
2018/02/23
【R-100】の更なる活用・・・ペット商品に新たな背景が!

ペット商品の背景として、ペットの皮膚感染症への【R-100】の効果検証を岐阜大学動物病院のご紹介で東京農工大学にて【皮膚膿皮症】に対して効果検証を行い、圧倒的なる効果性を確認しておりました。昨年末に岐阜大学元動物病院長との協議の中、驚くべき現状を知ると共に、【R-100】の更なる背景を確認するに至り、皆様にご紹介を致します。ペットの動物病院への来院原因の半数以上が【皮膚感染症】であり、その原因は病原菌・カビ等に起因するものとの事、既に、東京農工大学での検証による圧倒的効果、しかも、耐性菌への効果が確認された【皮膚膿皮症】とカビ等に起因するものが非常に多いとの事で調査しましたところ、カビに起因する【皮膚糸状菌症】が有りました。この【皮膚糸状菌症】は、脱毛等の症状を伴い、原因の多くは【白癬菌】、つまり、人間で言う【水虫】と同じものであり、私共では既に人の【白癬菌】に対する効果検証を、現役の皮膚科専門医、岐阜大学植物病理学研究室のご協力により【R-100】の【白癬菌】に対する効果性を確認しておるものです。よって、ペットの動物病院来院原因の半数以上を占める【ペットの皮膚感染症】の改善・予防において、【R-100】は圧倒的な価値を持つものと言えるものです。勿論、こうした効果性背景や使用方法の簡便化を持つペット商品は存在せず、今後のペットの健康管理における活用は、新たな常識ともなるものと考えます。

2018/01/04
「謹賀新年」・・・2018年を飛躍の年に!

旧年中は、皆様方のご支持の基に、検証に基づく商品構成の充実に取り組み、現在進行中の【コスメ商品】など、ほぼ目指すべき商品構成を完了出来るものと考えております。それに伴い、販売体制の構築をはかり、皆様のご要望にお応え出来うるよう努めて参ります。その一環として、現在、【日本環境衛生振興会】ホームページのリニューアルに取り組んでおり、近々似てお披露目できるものと思います。皆様の様々なニーズにお応え氏、より身近なもの、また、期待感あるものとして的確にお伝えできるようにしたいと考えております。是非とも、ご期待下さい。また、現在進行中の【コスメ商品】の開発を通して従来にない新たな【R-100】の可能性を見出せそうであり、これも検証等の上にお伝えを致します。いずれにしましても、【R-100】の飛躍の1年としてまいります。何卒、尚一層のご支持を頂きます事、【日本環境衛生振興会】関係者一同よりお願いを申し上げる次第です。宜しく、お願いを申し上げます。

2017/12/06
今年も残すところ僅か、皆様に【R-100】の有効性をご理解を頂ける様に努めます。

【R-100】の有効性については、この1年、機会ある毎にご紹介を致して参りましたが、現在、ホームページの修正に当たっており、より分かり易い【効用性紹介】【事業性紹介】をホームページの冒頭からご説明を致し、皆様方へのご理解と浸透を図ってまいります。本来、お客様との距離感を縮め、気軽にご質問等を受ける事を念頭において参りましたが、必ずしも意図する方向にはなく、本ホームページのコンセプトを皆様方にご理解頂き、【R-100】の社会貢献、加えて、事業発展を、皆様と共に進展させたいと考えるものです。【R-100】の効用性につきましては皆様方のニーズ指摘から、多くの検証に基づく【エビデンス】を持つに至り、その活用分野での商品化が具体的な取り組みとなっております。その一つとして自然派化粧品(コスメ)分野であり、【R-100】の背景にある様々な効用を最大限生かしたものとすべく、現在開発中です。明年、春先には具体的なものとしてご紹介を出来るものと考えます。前後致しますが、ホームページの新たなご紹介は明年早々にも完了するものと考えられ、是非とも、期待を持ってお待ち下さい。この1年の皆様方のご愛顧に心より感謝を申し上げます。誠に、有難う御座いました。

2017/11/07
年末の大掃除を控えて、【カビ退治】のアドバイス!

年末の大掃除で厄介なのはカビの除去です。既に発生しているカビについては通称「カビキラー」にて、使用方法を確り把握の上で十分なる注意を払って行って下さい。この「カビキラー」はほぼ同一の次亜塩素酸であり、目・鼻・のど等の粘膜を強烈に刺激する事から、その使用に躊躇される方も多いと聞きます。此処で【発想の転換】が重要です。カビが発生したから大変な思いをしてカビの除去をする事ではなく、根本的に「カビを発生させない」事を重要視すべきです。所謂、【カビの除去】から【カビの予防】への発想転換です。この点において【R-100】は圧倒的なご評価を受けるものです。その一例として、京都大学再生医科学研究所からの要望で【人体に影響のないカビの予防剤】と言うて穂間において検証の後、採用をされております。こうした、「安全性と効果性」の高さに加えて、アルコール系の様な一過性の効果ではなく、長時間(岐阜大学での検証では20時間以上)の効果性が確認されております。勿論、対象箇所、即ち、天井部などでは3~6ヶ月、水廻りでも1~2週間程度でのフォローで【カビ予防】が実現できます。是非、大掃除前に【R-100】についてその有効性をご認識ください。詳細等につきましては、遠慮なくお問い合わせ下さい。お待ちしております!

2017/10/13
いよいよ冬の【食中毒」「カビ】対策の本格化が必要です!

【O-157】の怖さから「ノロウイルス】への移行期、勿論、社会生活の変化から季節感がなくなったと同じように「食中毒」の原因も季節感がなくなりつつあり、なお一層、確りとした対応が求められます。是非とも【R-100】を基本とした予防対策をお考えください。更には、年末の大掃除を控え、是非とも、この季節でのカビ対策を実践しましょう。何度も申しますが、カビ取りは市販の【カビキラー】(どれも成分は次亜塩素酸)で行い、その後、高い安全性が担保された【R-100】によりカビの再発生を防ぎましょう。持続性効果により、その後の労力は大きく軽減されます。一度、ご使用いただけば、その効果性による【カビ予防】への認識が激変するものと思います。詳細については、HPからご質問を頂けますれば的確にお答え致します。

一つ大きなニュースが御座います。多くのユーザーのお声から、【R-100】の新たな活用分野を見出しており、その背景を着実に検証中で、12月頃にはご報告が出来るものと判断を致しております。是非とも、ご期待ください。

ページTOPへ