新着情報

RSS
2017/08/22
「夏」らしさのない天候が続く中、「食中毒予防対策」を再確認!

久しく発生のなかった【O-157】食中毒が発生、残念ながら重篤な患者さんもあるとの事で、その怖さを再確認する事となりました。過去に何度も「食中毒予防対策」に付いてはお話をして参りましたが、日常的な習慣として対策を具現化する事が重要であり、その中核として「R-100」を使用して頂きたい。最大の特徴は「高い安全性担保と効果性」です。そして、一般的な商品と異なる点として、【長時間に渡る持続性効果】です。即ち、アルコール系の一過性効果、更には、アルコールはノロウイルスには効果がない事を確りとご認識頂き、【R-100】を中心とした食中毒の予防対策を確立して頂きたい。本ホームページに於いての商品紹介のほか、ホームページを経由したご質問等、是非とも、ご相談をください。更に、京都大学再生医科学研究所にもご評価を頂いておる「人体に影響のないカビ予防剤」の併用も評価されております。ご連絡をお待ち致しております。

2017/07/06
夏本番を前に、居住空間の清浄化対策について・・・

夏本番を前にお問い合わせを多く頂く「居住空間清浄化対策」における「R-100」の活用方法をご紹介いたします。一つは「カビ予防対策」であり、何度も実例と共にご紹介を致して参りましたが、【R-100】の活用はあくまでも「予防対策」であり、既存のカビ発生に対しては一般的な「通称・カビキラー」でカビを除去し、その後に「R-100」を塗布する事により、その後のカビ発生を予防する事が可能です。また、人体に影響のない安全性の高いものであり、高齢者・乳幼児がお見えのご家庭でも安心して使用できます。更に、「長時間持続性効果」も特徴でありご実感下さい。次に、居住空間でのダニ・ノミ、更には、アウトドア・ペットなどを介してのマダニ等の病害虫対策としても効果的です。「R-100」では「ゴキブリの忌避テスト」等で、その効果性は明らかですが、寝具などの天日干しも正確には何ら効果はありません。何故ならば、ダニ等は65度以上での条件でなくては死滅しないからで、「R-100」の寝具・その周りへの軽い噴霧とハウスダストの除去としての天日干しが有効と考えられます。また、最近話題の「マダニ」に関しても、忌避効果を前提に有効と考えられます。樹木のエキスがこれらの病害虫へ有効であることの例として、昔から建築物の土台部分に樹木エキスを塗布するそうで、これは、シロアリ対策として古くからの常識だそうです。

2017/06/23
いよいよ梅雨本番、夏へ向け「カビ対策」「食中毒対策」は万全ですか!

「カビ対策」「食中毒対策」共に、ちょっとした油断から後悔する事となります。まずは万全の準備から始めましょう。対策のキーポイントは、効果性は勿論ながら、その効果性の持続性こそが最大の価値観と言えます。この点に於いて、【R-100】は一般的な対策用品と圧倒的な差異があるものです。また、天然素材としての安全性も非常に高いレベルで担保されており、高齢者・乳幼児がお見えの家庭でも安心して使用できます。【抗菌性】【防カビ性】【消臭性】等々、まさに、多機能素材であるものです。更に日常生活でのちょっとした気遣い等、幅広い使い勝手も特徴です。是非とも、【R-100】を最大限生かして夏に向けた様々な対策を実践してください。「R-100」がご家族の「安全」「安心」を実現します。詳細は、遠慮なくお問い合わせ下さい。

2017/05/10
「R-100」の多機能性に大きな注目が!その求められるものとは・・・

「R-100」の多機能性に付いては、折に触れご紹介をしてきましたが、新たな時代をリードする【素材】として海外からのオファーも多くいただいております。日本国内でも完全に解消されたとは言い難い「シックハウス症候群症」、これはVOC(有害化学物質)がその原因とされ、日本国内では規制されておるものも多くなっておりますが、反して「シックハウス症候群症」が大幅減少とはなっておりません。輸入による家具等々におけるVOCがその背景にあるからと考えられます。このVOCを背景とした状況は中国等では「社会問題化」しており、【R-100】のシックハウス対策効果検証実績は大きな価値観として捉えられているようです。また、【白癬菌】への効果検証は、注目の糖尿病などを背景とした新たな治療領域である「フットケア」分野で高く評価されており、「フットケア」の進化へ繋がるものと期待を集めております。更に、中心的効果である「抗菌性」「カビ抑制効果」に於きましても、それと両立する「高い安全性」の担保が今までにない理想的なものとして新たな活用が進められてもおります。こうした「R-100」の多機能性によりより多くの活用分野が広がる事により、目指すべき社会貢献の一助となります事を強く望むものです。是非とも、より多くの方々に「R-100」の多機能性をご認識頂きます事を望むものです。

2017/04/13
桜の開花と共に温かさを実感する昨今、いよいよ食中毒予防の実践が求められます!

最近では、「作り置きカレー」「海苔」を介した食中毒の大量発生、一昨日も、東京の著名なホテル・レストランでの黄色ブドウ球菌による中毒発生など、意外な発生源・原因菌等に驚くものです。よって、従来感覚ではない食中毒予防対策が求められているものと考えます。「手洗い」や「消毒」等の励行は当然では有りますが、最早、そうしたレベルでの「食中毒予防」対策による「安心」「安全」を得る事は困難であると認識する必要が有ります。最大のキーワードは、【一過性効果ではなく持続性効果】であり、黄色ブドウ球菌・サルモネラ菌・ビブリオス菌等の一般食中毒原因菌、O-157等の腸管出血性大腸菌、そして、ノロウイルスへの効果性は勿論の事、その効果性が持続する事が極めて重要と言えるのです。是非とも、このキーワードである【持続性効果】を発揮する【R-100】商品を中心に「食中毒予防」対策を実践して頂きたい。その為に、「R-100」への認識を深めて頂き、その素晴らしい効用を日常生活において活用、「安心」「安全」を追求してください。詳細については、遠慮なくお問い合わせを頂けますれば幸いです。

ページTOPへ